尾瀬沼・大江湿原
おぜぬま・おおえしつげん

片品村・福島県檜枝岐村

登山日 2018年06月29日(晴れ) しんぷるライフ、KSC3人
行 程 一ノ瀬休憩所09:45…09:57冬路沢橋…10:10岩清水10:19…10:54三平峠(尾瀬峠)…11:17三平下(尾瀬沼山荘)…11:50尾瀬沼ヒュッテ11:52…11:58長蔵小屋12:39…12:54ヤナギランの丘12:56…13:06小淵沢田代分岐…13:53沼山峠休憩所
ルートマップ(ヤマレコ)

 大清水に川場スポーツクラブの3人と待ち合わせで一之瀬休憩所までバスで入る。今日の目的地は会津駒ヶ岳滝沢登山口付近の民宿だ。リーダーを先頭に登山道へと入る。檜枝岐村出身のリーダーが道々で尾瀬にまつわる話を入れてくれる。そんな話を楽しみながらのんびりと歩いて行く。樹林帯は特にうれしい花もなく、尾瀬沼湖畔に出ないとだめかな。

一之瀬から登山道に入る

ブナの樹林帯

三平峠に着いた

ヤグルマソウ

モミジカラマツ

オオバノヨツバムグラ

マイヅルソウ
 三平峠を過ぎれば一気の下りで尾瀬沼湖畔に出る。三平下から尾瀬沼ヒュッテまでの木道はコバイケイソウが見頃を迎えている。燧ケ岳の姿もよく今日登っておきたいくらいだ。大江湿原に入るとワタスゲとタテヤマリンドウの群生だ。それに交じって色鮮やかなレンゲツツジと少しだけハクサンチドリが交じる。緑一面の草原に揺れるワタスゲの穂が実に開放的で素晴らしい。

尾瀬沼に燧ヶ岳

ワタスゲとコバイケイソウの群生

大江湿原の木道を行く
 尾瀬学校の小中学生がガイドに率いられ沢山の人数歩いている。素晴らしい自然の中で何かを感じて欲しいものですな。

コバイケイソウ

レンゲツツジ

ワタスゲの穂

オオバミズホウズキ

ニリンソウ

ニッコウキスゲ

ハクサンチドリ

タカネバラ

ヒオウギアヤメ

オオタチツボスミレ?

ミツガシワ

カラマツソウ
 ワタスゲの大群落も沼山峠への道に入れば終わりだ。アカモノやゴゼンタチバナが足元を飾る。沢山の子供たちに交じって木道を歩いて行けば沼山峠休憩所に着いた。福島県側から入る尾瀬は何て近いのだろう。

ヤナギランの丘からの大江湿原

レンゲツツジが色鮮やかに咲く

大江湿原で

ミヤマキンバイ

タテヤマリンドウ

ナナカマド

アカモノ
 沼山峠休憩所からはバスに揺られ檜枝岐村まで。リーダーのHさんの案内で六地蔵、橋場のばんば、檜枝岐歌舞伎舞台などを見学した。二度目の檜枝岐だが何となく好きな場所だな。今日の宿「こまどり」で汗を流した。

inserted by FC2 system