裏妙義三方境
さんぽうさかい
900m


裏妙義

 今年3月末日をもって閉鎖された国民宿舎裏妙義から巡視路を巡って女坂を下るコースは、妙義山の中でも紅葉が素晴らしいコースだ。今年の紅葉はハズレ年だが期待するところは多い。モミジの紅葉は最後になるから期待して歩いてみよう。
登山日 2016年11月20(晴れ) しんぷるライフ、HK、KM、FH
行 程 国民宿舎裏妙義9:30…(巡視路)…11:20三方境12:15…(女坂)…13:15女坂入口…14:00国民宿舎
ルートマップ(ヤマレコ)ルートマップ(ルートラボ)

 旧国民宿舎の駐車場はハイカーの車で一杯だ。先日、妙義の紅葉がテレビに出たということで人出があったということだろうか。裏のテニスコート跡地の駐車場に止めて歩きだす。丁須の頭へと続く篭沢コースを右手に分けて杉の植林帯に入り三方境に続く巡視路に入る。しばらくは杉林が続き展望も紅葉もない道を歩いていく。今年は紅葉の始まりが遅かったからちょうど見頃のはずなのだが…。


 しばらく我慢して杉林を歩いていくと紅葉スポットへと出る。どうも今年は紅が少ない。モミジも黄色一色のものがかなりある。それでも妙義山のモミジ。やがて期待を裏切らず紅が出て来た。
 まあまあの紅葉を楽しんで三方境に着いた。三方境は風の通り道。今日は穏やかな日だがわずかながら冷たい風が吹き抜けている。女坂方面へと移動してランチとした。女坂方面から歩いてくるハイカーやクライマーが通り過ぎて行く。女道から歩いてくるなんて初めて見た。このコースもネットを通じて知られてきたのかな。


女坂を下る
 落葉が堆積した女道を快適に下っていく。モミジ谷に入ると道ははっきりとしないが何処を下っても心地いい。谷急沢まではフワフワの斜面を楽しんで下っていく。紅葉が一番残っていると思われたこの谷の紅葉は、もうすっかり終盤になっていた。こんなはずではなかったのにね。今年は紅葉の質が良くないということで納得するしかないか。


女坂入口から林道に出る


一度は泊まってみればよかった
国民宿舎裏妙義
 もうこれで今年の紅葉詣の山行は終わりかな。これからは落葉した低山歩きの季節になる。どれだけ楽しめるのだか(*^_^*)

inserted by FC2 system