赤城鍋割山
なべわりやま

1332m
前橋市

登山日 2015年2月11日(晴れ) しんぷるライフ、KM
行 程 姫百合P9:25…10:00荒山高原…10:40▲鍋割山11:40…12:20荒山高原…12:45姫百合P
 久しぶりに、みなかみ地域にも晴れマークがついている。雪印なら西上州と考えていたが赤城山か十二ヶ岳もよさそう。ところが出かける頃には青空が薄雲に隠れだした。ライフさんが黒檜山以外ということで鍋割山に決定。先月末に比べて降雪量が増えている。雪質を考えるとアイゼンを付けたほうが歩きやすそうだ。

降雪量が増えている

桧の林も明るい
 姫百合駐車場は一杯だった。鍋割高原から登ってくる人もいるだろうから山頂は賑やかになるだろう。雪はゲレンデの様で表面は柔らかく滑る。滑落の危険は全くないので安心して歩ける。風はなく女性陣の話し声が聞こえるだけ。

急登を確実に

荒山高原に出た

さあもうひと上りだ

日当たりが良く地面が出ている

雪庇を回り込んで稜線に出る

振り返れば荒山 登る人は少ないのかな
 地面が露出している場所は氷が融けているがまだ固く靴は汚れない。すっかり上空は薄曇りだ。稜線に出ると南からの風が吹き抜けて行く。風は冷たいが南風は春が間近に来ていることを感じさせてくれる。

谷川連峰はやや雲が掛かる

明るく広い稜線

浅間山はやや霞んでいる

トレースは乱れている

小さな雪庇が連続

わざわざ雪庇の上を歩くとは
 前回よりは積雪量が増えて歩きにくくなった稜線をのんびりと歩く。行く人も帰る人もそれなりの数がある。長靴以外の登山者はほとんどがアイゼンを装着している。付けてないのは我々くらいのものか。滑りやすい場所は小走りになるなあ。
 雪庇歩きを楽しめば短時間で山頂に出た。数組が休憩しているだけで意外と少ない。記念写真を撮ってから、前回と同じ場所に腰をおろしてランチとする。南方は春の様に霞んでいる。南風のせいだろう、富士山がやっと見える程度だ。

帰路は雲がとれてすっきりしてきた

所々ぬかってきた
 山頂には次々と登山者が訪れる。どうなのかな、今日の山頂は。みんな満足して下山していくのだろうか。いつも人気の鍋割山だ。

inserted by FC2 system