会津駒ヶ岳
あいづこまがたけ

2133m
福島県檜枝岐村
駒の大池

 私が初めてこの山を親しく望んだのは、尾瀬の燧岳の頂上からであった。北にあたって長い山稜を持った山が見える。一頭地を抜いた峻抜な山の形には見えないが、その尾根の長いおだやかな山容が私を魅惑した。   深田久弥著 『日本百名山』「会津駒ケ岳」より
登山日 2014年9月15日(薄曇り) しんぷるライフ、IT
行 程 滝沢登山口6:05…7:15水場…8:12展望ベンチ…8:30駒の小屋ベンチ8:45…9:00▲駒ヶ岳9:05…9:35中門岳9:40…10:20駒の小屋ベンチ11:15…13:00滝沢登山口
 夜中には満天の星。檜枝岐村のキャンプ場の夜は静かに更けて行った。朝起きるとまさかのドン曇り、月がおぼろに霞んでいた。それでも遠くの視界は良いから高曇りなのだろう。檜枝岐の国道からは駒ヶ岳は見えない。今日も観光協会のガイドのコースタイムを参考に計画を立てた。バンガローの管理人さんはキリンテに下山することを勧めてくれた。駒の小屋と大津岐峠とを結ぶ富士見林道は展望と足元の花が良いのだそうだ。天気が良ければその名の通り富士山が見えるとか。今日は無理だろうな。

滝沢登山口

 

水場の案内がある
 滝沢登山口の駐車場はまだ余裕があった。登山口が階段なのが会津駒滝沢登山口の特徴だ。登山届も置かれている。「1時間半の急登の我慢だよ。」管理人さんの言葉を頭に浮かべながら歩いて行く。トップがライフさんだから、チョット牽制球を入れておかないと置いて行かれそうだ。「長丁場だからゆっくりね〜。」思っていたほど急登が続くわけではなく、ごく平均的な登山道だとの印象を持った。オオカメノキやナナカマドの紅葉が始まりつつある。
 水場の案内がある広場で休憩する登山者を横目で見て先を急ぐ。花は昨日の燧ヶ岳とあまり変わらないようだ。水場を過ぎて尾根にでると源六郎沢を挟んで山頂らしきものが見える。右側が中門岳かな、それにしても近すぎるか。主尾根は見えるがなかなか届かない。

稜線が見えてきた

展望ベンチ
 どうやら森林限界を越えたらしい。笹とシラビソの林を抜けると地溏をちりばめた湿原が広がっていた。草紅葉がいい感じだ。空は青空ではないが高曇りで展望は通っている。まあ、良しとしよう。主稜線に出ることと駒の小屋に着くことは同じことだ。

チョット明るい草紅葉

駒の小屋が見えてきた
 森林限界を過ぎてから駒の小屋までの登山道は大変素晴らしいものだ。草紅葉の道は、夏にはお花畑となって多くの花を咲かせているに違いない。南方を見れば、今までで一番恰好のいい燧ヶ岳が堂々とした姿を見せている。駒の大池前のベンチで一休みしてザックをデポして山頂に向かった。

富士見林道の向こうに燧、至仏

駒大池と駒ヶ岳

中門岳まで2.9km

駒の小屋の遠景には日光連山
 開放的な山頂は色に染まり行く脚も軽い。山頂近くの樹林帯に入るとすぐに分岐がある。気付かずに直進してしまうと中門岳側道だ。道標に従って右に曲がり、木の階段をフーフーと上っていくと一等三角点が置かれた山頂にでた。南方の展望が開けている。

山頂から尾瀬の山々

山頂で記念の一枚
 さて、このまま中門岳を目指そう。湿原とお花畑を抱えた広い稜線には木道が敷かれ整備がされているが、朽ちているものも多い。適当に傾斜があり歩く人の目を楽しませてくれる。見渡せば周りは山ばかりだ。この山域は不勉強で山の名前がわからない。

中門岳へと続くたおやかな稜線
 湿原の草紅葉や秋の花、地溏、そして頂上稜線からの展望を楽しみながら歩いていけば大きな池が見えてきた。どうやら中門岳に着いたようだ。池から先にも木道が続いているが、その先で切れているとのこと。特別なピークがあるわけではなく、この辺一帯が中門岳だそうだ。予想通り、コースタイムは実に余裕をもったものだった。さあ、駒大池まで戻ってランチとしよう。

中門大池

大池周辺一帯を中門岳と呼ぶんだとか

モウセンゴケの紅葉

リンドウが咲き残る

この風景に尽きる

お気に入りの風景になった
 駒大池のベンチでは賑やかな食事の風景があった。ゆっくりと「燧の湯」に浸かって早めに帰りたいと女性陣。富士見林道は花の季節に歩くことにして、滝沢登山口に戻ることにした。花が咲き乱れる山頂は素晴らしいだろうなあ。果たしていつ来られるかどうかわからないが、山旅の計画の一つに入れておこう。
 檜枝岐村には熊の湯、燧の湯、アルザ尾瀬の郷の三つの温泉施設がある。キャンプ場管理人さんのお勧めは燧の湯で初日に訪れた。単純硫黄泉かけ流しで肌がつるつる。二日目は熊の湯。ここはアルカリ性単純温泉かけ流しで、しんぷるは気にいったが女性陣の受けは今一つ。バンガローに泊まっただけで御池P料金が還付、温泉施設の利用も無料と檜枝岐村の対応は嬉しい。バンガロー&キャンプからまつの管理人さんご夫婦にはお世話になりました。人が好き、遊びが好き、そんなご夫婦です。

inserted by FC2 system