仙人ヶ岳
せんにんがたけ
663m

桐生市

 アカヤシオの便りが聞こえてきた。先ずは足尾山塊からだろう。先週のネットレポートでは満開の印象だったがまだ間に合うだろうか。

同じ日のレポ:石塚さんちのホームページさん、気ままな男の山歩きさん、danbeさん、かずの山歩きさん、もっと花を訪ねて何度でも、なんとなく毎週どこか山あるきさん
登山日 2014年4月12日(晴れ) しんぷるライフ
行 程 岩切登山口12:00…12:36神社…13:01熊の分岐…13:27▲仙人ヶ岳…14:02知ノ岳(P561)14:28…14:55犬返し…15:20猪子岳(P551)…15:55猪子峠…16:16登山口
 のんびり時刻の出発となった。かつての狭い駐車場は畑になってしまった。かわりに駐車場が整備された。暖かな陽射しの中登山口に向かって歩く。路上にはスミレ、タンポポ等が咲いている。

不動沢沿いに行く

ニリンソウ 大群生がない

生満不動尊
 不動沢には魚の影が見える。15cm以下はリリースとの立て看板があった。気にしてみているとそこそこの数がいるのに驚いた。沢沿いはニリンソウの群生が見られるのだが今年は少ないようだ。これから増えていくのか、それとも絶えてしまうのか気になるところ。

落葉も堆積

そろそろ新緑も

熊の分岐に着いた
 ヤマルリソウも目に付いた。沢が枯れてくると熊の分岐に向かっての急登が始まる。新緑もそろそろ始まりだ。振り返れば枝尾根にアカヤシオの鮮やかなピンク色が見える。何とか間に合ったようだ。ジグザクと高度を上げて行くと熊の分岐に着く。
 一息ついて山頂を目指そう。山頂まで20分とある。もう一頑張りだな。ようやくアカヤシオが身近になった。一旦切れて足元を見ながら歩いて行くとライフさんが「石塚さんだよ。」と。前方を見れば、さくらちゃん連れのご夫婦がおられる。今日はネット仲間たちが多数歩いている、また猪子峠へ道のアカヤシオもギリギリ間に合ったとの情報を得た。こちらはニリンソウの情報を提供。

風が強く人影のない山頂

アカヤシオが青空に映える

立ち枯れ、倒木が目立つ
 昼時を過ぎたせいもあってか山頂は御覧の通り。北風が吹きぬけて寒いので写真だけ撮って直ぐに戻る。展望のいい場所で休憩だ。

松田湖を見下ろしランチに(知ノ岳)

猪子峠へ続く稜線(アップダウンの連続)

知ノ岳を振り返る

仙人ヶ岳山頂を望む
 松田湖から赤雪山〜仙人ヶ岳を周回するハイカーもいた。登山道は倒木が多く道なき道だったようだ。アカヤシオは赤雪山が見頃らしい。猪子峠までの尾根のアカヤシオは最盛期こそ過ぎてはいたが十分に見られるものだった。花数も多くて、仙人はこんなにアカヤシオが多かったのかと認識を新たにした。

満開のアカヤシオ

深高山・石尊山方面

犬返しを下る
 花数の多さに慰められながらアップダウンの激しい尾根を歩く。さすがにうんざりする。猪子岳(P511)からのショートカットコースは赤布とかあって道は大丈夫とは思うが藪嫌いなのでパスとのこと。結局長丁場となってしまった。ミツバツツジやヤマツツジもちらほら咲き始めている。花芽も多く大いに期待が持てる感じだ。

今年は当たり年のようだ

猪子峠

杉林を抜けて車道を歩いて登山口へ
 うっそうとした杉林間に入れば一安心。あとは舗装路を登山口に戻るだけだ。このアカヤシオは来週までま持つまい。数日で色褪せてしまうだろうなあ。これからは西上州のヒトツバナを求めての山歩きですかな。

inserted by FC2 system