愛娘からの贈り物
2010年11月1日(月)


 10月30日に愛娘が結婚式を挙げた。特別なことは何もしてやれないので、思い出の写真を贈ろうと思って作業を始めた。生まれてからの写真を整理していくうちに、懐かしさと愛おしさで涙が出てきた。結果、それは写真集と結婚式当日に映す新郎新婦の紹介ビデオという形になった。それに費やした2ケ月余りの時間は大変だったけれども、同時に楽しい時間でもあった。
 披露宴の最後に両親への贈り物が二人から両親へと贈られた。自宅に帰って妻が開いてみると、レトルト食品が入っていると文句を言っていた。何だ?と言って見てみれば、確かにレトルト食品がある。そのほかに熊除けの鈴、イザという時の笛、毒の吸い出し機が入っていた。山歩きに持って行けという事なのだろう。大切に使わせてもらいます。鈴はともかく、他の道具は使わないようにね。幸せになってもらいたい。

戻る
inserted by FC2 system