石門巡りから金洞山、轟岩
2006年12月24日(日)
金洞山中ノ岳 今年最後の山行は女性陣のリクエストにお応えして妙義三山のひとつ金洞山に決定した。他にもいくつか安易なところを提案したのだが却下されてしまった。そうなれば鎖に慣れるため石門巡りコースから中ノ岳熟達コースへと事を運ぶことにした。カニの横ばいで男2人連れのハイカーにすれ違った。鷹戻しを断念して来たとのこと。中ノ岳へ登るには大砲岩が試金石となるとのことだ。恐れを感じなければ大丈夫だろうと。以前子供達と歩いたときはハイカーの数が多く大砲岩は断念し、天狗の評定で辺りを眺めて過ごした。第四石門にザックをデポして大砲岩を目指す。季節はずれの妙義山はハイカーの数もまばらだ。今回は大砲岩まで行くことができたがその上に登る気にはとてもなれなかった。腹がむずむずして筋肉が緊張してしまうのだ。やはり高いところは苦手のようだ。

 中ノ岳直下の鎖場は、これならば大丈夫そうと臆することなく登っていった。慣れとは恐ろしいものだ(^_^;)

 山頂での大展望を眺めながら昼食とした。冠雪の浅間山が見事だった。下りは一応ザイルで確保しながら降りたが特別問題はなかった。 中ノ岳神社まで戻ると轟岩まで200mとの道標がある。寄り道していくことにした。その岩は神社に覆い被さっている岩であり、初級者でも登れる道が付いていた。西岳は次の課題となってしまった。

中ノ岳P…第四石門…大砲岩往復…金洞山…中ノ岳神社…轟岩往復…中ノ岳P

戻る
inserted by FC2 system